レビトラ正規取扱について

レビトラには製法に関する特許やその有効成分に関する特許など様々な特許が存在します。それら全ての特許が切れるまでジェネリック医薬品は製造・販売が出来ないのです。

しかし、インターネットでレビトラのジェネリック医薬品を検索してみると「バリフ」「ジェビトラ」「サビトラ」というような名称のジェネリック医薬品が目に入ります。特許が切れていないレビトラのジェネリック医薬品が何故存在するのでしょうか?上記に上げた「バリフ」「ジェビトラ」「サビトラ」等のレビトラジェネリックは、全てインドの製薬会社が製造・販売しています。実はインド国内では医薬品の特許に関する権利は製法特許しか認められておらず、製法さえ新薬と違えばジェネリック医薬品を製造・販売することは合法だったのです。現在ではこのインドの医薬品特許に関する法律は改正されていますが、改正前に製造されたこれらのレビトラジェネリックは価格も非常に安価で、「コピー版レビトラジェネリック」や「インド版レビトラジェネリック」と呼ばれております。

この海外でしか製造・販売されていないレビトラジェネリックの存在を利用した偽造品の販売も横行している。インターネット上で「海外で販売されているレビトラジェネリック」と謳いレビトラの偽造品を販売している日本人向けの通販サイトなどがあるため注意が必要です。そのようなインターネット上の通販サイトで販売されているED治療薬は半分以上が偽物だという調査記録もありますので、購入は絶対にお止めください。

  • レビトラの個人輸入の危険性

レビトラはインターネットで検索するとバイアグラ同様、個人輸入のサイトを非常に多く見かけます。しかし、インターネットなどで海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、偽造医薬品の可能性もあります。偽造されたレビトラ錠は、不純物混入等により健康を損なうことがあり、非常に危険です。

皆さんが思っている以上に個人輸入による偽物は急増しております。

  • レビトラの副作用について

バイアグラ同様、効果発現時に「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」等の副作用がございます。これらはレビトラを服用するほとんどの方に付随する副作用ですので、あまり気にせず薬が効いてきた合図くらいに思っていて下さい。頭痛が気になるようでしたら市販の頭痛薬と併用しても全く問題ございません。

副作用の現れ方に個人差がありますので、レビトラの副作用が気になる場合は他のED治療薬(バイアグラやシアリス)を試すなどして自分に合ったお薬を探してみて下さい。その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等もございますが、作用している4~6時間で症状が治まるようであればあまり気にされなくても大丈夫です。どうしても気になる症状が出る場合は必ずご相談ください。